日々後ろ向き。

前向きな言葉ばかりで疲れたあなたに。後ろ向きでもいいじゃない。お仕事のご依頼はyoumen99key@gmail.comへどうぞ。

「編集者」という道

おはようございます。ちとせあめです。

 

昨日の赤裸々な告白から、たくさんの先輩ライターさんたちから情報を提供していただきました。ぽっと出の自分にそこまでしてもらえるなんて思っていなくて、有難さで胸がいっぱいになりました。と、同時に「プライドを捨て自分をさらけ出すこと」の大切さが身にしみてわかりました。

 

きっと今までの自分なら、苦しくても恥ずかしくて言えなかったと思います。いい大人が生活資金に困ってます、だなんて。なかなか言えない。

 

たくさんの情報をいただいた中、ひときわ惹かれるものがありました。

タウン情報誌の編集者」という職です。鳥取にもあったんですね。

 

この情報は「とっとりずむ」という鳥取の情報発信のwebサイトを運営しておられる、さっけーさん から教えてもらいました。

さすが地元の情報を発信しているだけあってスゴイ。

どこで仕入れるんだ・・。

 

さっそく会社HPと求人情報を見てみる。

なんと、中途採用あるじゃないですか!しかも期限は1月31日。セーフ。

 

仕事内容も魅力的でした。山陰の良いところをもっと発掘して、出て行った若者たちに帰ってきてほしい。田舎だと情報がなかなか出回らない。そんな情報を必要な人・場所へ届ける。そんなお仕事。

 

正直、私は期間工をやるつもりでした。てっとり早くお金が稼げて、特別な資格も必要なく、20代男性ならほぼ採用されるので。肉体的にはキツイですが。

 

工場勤務で心が決まりかけた時に舞い込んできたこの情報。

もしかしたらやってみろって事かもしれない。

ここならお仕事しながらライター業も続けられます。

 

とりあえず応募してみます。

こんなこと書いといて落ちたら困っちゃうけど(笑)

 

皆さんに応援してもらった手前、現状報告はしていきたいと思います。

そんなことを思う、年始の早朝でした。

これから、妻に話してみます。