日々後ろ向き。

前向きな言葉ばかりで疲れたあなたに。後ろ向きでもいいじゃない。お仕事のご依頼はyoumen99key@gmail.comへどうぞ。

20代vs「不眠症」、2年間の闘いの記録

おはようございます、ちとせあめです。

 

現代日本では不眠症に悩む人の割合が急増しているようですね。

かくいう私も不眠症で、病院で処方された薬を飲むこともあります。約2年前、過労で倒れた時から今までずっと闘っていていまに至ります。

 

2年前、うつ病どん底だったときはとにかく大変でした。

うつ病不眠症」は黄金タッグとして有名で、かなりの確率で併発します。

今現在うつ病に苦しんでおられる方は、きっと眠れない・夜中に何度も目が覚めるという経験が何度もあるかと思います。

逆に、不眠症だけどうつ病ではないよって方は、今後鬱になるリスクが極めて高いです。どちらか片方が、もう片方を呼んでくる厄介な代物なんですよ。

 

不眠症にもいろいろある

1、入眠困難:床についてもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつけない。

いわゆる「寝付けない」ってやつです。

2、中途覚醒:いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。トイレも含みます。

3、早朝覚醒:希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。おじいちゃんとかに多いですね。実は眠ることにもパワーがいるので、年を取ると長く眠れなくなるんですよ。

4、熟眠障害:眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

いわゆる「寝た気がしない」ってやつです。外泊したときとか、感じませんか?僕は人んちで寝るとこれになります。

 

 

不眠症の原因

 

1、環境要因:時差がある場所、枕が変わる、また暑さや騒音、明るさなどの影響など

ホテルで寝れない人はこれです。あとは真っ暗じゃないと眠れないとか、夏場暑くて眠れないとか。これはわりと解決しやすいです。

2、身体要因:年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど

年を取った。鼻づまりで寝苦しい。けがが痛いなど。

3、心の要因:悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス、睡眠に対するこだわりなど

遠足の前日寝れない人っていません?ぼくです。あとは試験前で緊張してたり、「疲れすぎて逆に眠れない」って最近よく聞きますよね。

4、生活習慣要因:アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など

お酒を飲むと寝れるイメージですが、睡眠は浅くなります。コーヒーなんかも有名ですね。あとは意外にも運動不足。安静にしてるだけじゃ余計寝れません。

 

不眠症との闘い

ちなみに僕は全部わずらってました(笑)。いや、笑いごとじゃないんですけどね。布団に入ってもなかなか寝れないし、寝てもすぐ起きるし、1回目が覚めるともう寝付けないし、かといって寝た気がしてないから日中ダルイっていう・・。生物としての終わりを感じてました。

まず最初に処方されたのは「デパス」と「フルボキサミンマレイン酸塩」の2つ。どちらも抗うつ薬ですが、不安解消や体のこわばりに効果がありうつ病を併発していたのもあってこれを飲みました。

でも不眠症ってね、薬飲むだけじゃ治らないんですよ。原因を探して、それを解消しないとすぐ再発します。むしろ慢性的になってしまって諦めてる方も多いかもしてませんね。わりと生活習慣病に近いのかもしれないです。

 

 最初に試したのは「あえて徹夜して次の日眠くなる作戦」です。案外ダメだった・・・。何がまずいって、日中なにもできないことと、すごいしんどいこと。あと体調めっちゃ悪くなります。肌も荒れます。おすすめしません。

 

次に試したのは「めっちゃ動いて疲れ果てる作戦」です。寝付きは良くなりました。が、夜中に起きてしまう。適度な運動がいいのであって、疲れ果てるのはやりすぎでした。あと寝不足なのを耐えながら運動するので、普通に危ない。頭も痛い。

 

「大好きなコーヒーをやめる作戦」。意外と効果ありました。日常的に飲んでる人は、たぶん思った以上に飲んでますよ。

 

「頑張って翌日の不安をなくす作戦」これが一番効果ありました。明日起きたらコレしなきゃ・・っていうのは想像以上に負担かかってます。日曜の夜、寝たくないなって思うときあるじゃないですか。これのことです。できる限り翌日の予定をなくす。これにつきます。

 

「お薬に頼る」必要な時もあります。ぼくはいま「ベルソムラ」という軽い導入剤を処方されていて、どうしても寝たい時はこれに頼ります。次の日予定がない時は飲まずに耐えたりもします。「これを飲めば眠れる」って、相当心強いですよ。

 

うつ病の時って、自身への罪悪感が半端ないんですよ。そのせいで寝れなくて、寝れないからクヨクヨしてしまう無限ループ。コレ、自殺につながるので超危険です。

 

なので、ぼくからのアドバイスはふたつ。

明日の予定をなくして好きなだけ寝れる状況にする。

1回病院に行って、お薬をもらう。

 

これだけで、だいぶ楽になりますよ。

現在進行形で闘ってるぼくが言うんです。間違いないです。

 

これを最後まで読んでくれたアナタ。おそらく不眠症かもしれないので、読み終わったら一回寝てください(笑)