日々後ろ向き。

前向きな言葉ばかりで疲れたあなたに。後ろ向きでもいいじゃない。お仕事のご依頼はyoumen99key@gmail.comへどうぞ。

ちゃんとしたい人ほど「先延ばし」してしまう負のループ

「先延ばし」って、たぶん1回は聞いたことあると思うんですよ。

今日やらないといけない事とかを、後回しにしちゃうやつ。

はい、ぼくです。

 

あれ、「完璧主義な人」ほどしてしまいがちなんですよ。

しかもそのやるべきことは間に合わないっていう。

その理由と対策を書いていこうと思います。

 

1、まとまった時間を確保してからやろうとする

隙間時間が使えないまま、〇時間とれるときにやろうって思ったまま時間がたつパターン。本腰入れてやりたいからこそ、これをしてしまう。結果、手を付けないまま期限が迫る。

2、調べてから、または準備ができてからやろうとする

内容をちゃんとしたいがために、作業を始めるまでのハードルが高くなっている。でも実際少しやってみないと何が必要か分からなかったりする。結果、本当に必要なものが揃ってなくて不完全なものになってしまう。

3、100点満点の出来を目指そうと思っている

ちゃんとしたものをつくろうと意気込んでしまっているせいで、取り掛かるのが億劫になってしまう。やる気はあるんですよ?やりたいし、やらなきゃと思ってるのにできない。しかもできてないことに大きな罪悪感をもってしまって。メンタルがヤバイ。

4、自分から人に聞けない

自分の力でやろうと思ってるから、気軽に人に聞けない。なんか悪い気がする。こんなことも知らないのかとか思われたらヤバイ・・とか思ってる。

 

大まかにはこの4つが当てはまる人は先延ばしをしてしまうそうな。

 

 

ちゃんとしようと思ってるんですよ。でもこういう感じになっちゃう。んで、自信なくす。鬱まっしぐらパターンですな。はい、ぼくです。

これね、最終的に人に迷惑かけちゃうだけじゃなくて、自己肯定感も下がってしまうので、自覚症状のある人は少しずつでいいので改善を目指しましょう。ぼくと一緒に。

 

対策

1、プライドを捨てましょう。「まだやってない」とか「こんなことも知らない」とかはしょうがない。聞いた方がいいかな、とか思ったらその時が聞き時ですよ。

 

2、とりあえず60点くらいを目指す。完璧にしようと思うから取り掛かるハードルが高くなっちゃう。とりあえず完成させることが第一目標ですよ。

 

3、とりあえず手を付ける。まっさらな状態からスタートするのは思った以上にエネルギーがいるんです。完成させなくてもいいので、とりあえず手を付けてみましょう。次からスッとできるようになります。

 

 

はい、あの、すいません。

ぼくもがんばります。