日々後ろ向き。

前向きな言葉ばかりで疲れたあなたに。後ろ向きでもいいじゃない。お仕事のご依頼はyoumen99key@gmail.comへどうぞ。

ネギトロの美味しさを全力で伝えたい

ネギトロ。

 

うまいですよね。それはもうめっちゃうまい。

お寿司食べるとき必ず頼む。

家に帰ってネギトロがあると踊るくらいうれしい。

 

ネギトロのネギって、葱じゃないって知ってました?

身をこそぐ、ねぐっていう言葉からきてるんですって。

 

でも大体ネギ入ってるじゃないですか。

軍艦だったら上に乗ってるし、巻物だったら中に入ってる。

トロってマグロの部分だし・・勘違いするでしょ・・・。

 

でもそんなことどうでもいいくらいにネギトロはうまいんですよ。

 

まずあのねっとりとした舌触りと食感。

普通の切り身と違って口の中に広がるのが早く、舌全体で味わうことができる。

赤身より脂がのっているのでコクがあり、握り鮨よりボリューミー。

そのなかにちょっとした身のカタマリがあるのもまた良い。

空腹を満たすには十分なパンチ力を秘めている。

 

それだけだと胸焼けしそうになるが、そこでネギの出番。

ピリッとしたアクセントで、全体を引き締めてくれる。

でもマグロの邪魔は決してしない。あくまで引き立て役。

この場合のネギは小口ネギじゃなくて白ネギがいい。

シャリっとした食感が、またねっとりしたトロと相性が抜群。

 

でもこれだけでは終わらない。そう、海苔がいる。

私は馴染んでシナシナもよいが、パリッとした海苔のほうが好きだ。

ほおばった瞬間に口いっぱいに広がる海苔のいい香り。

ネギとトロをやさしく包み込み、そしてみごとに調和するその様子は

まさに母なる海を思い出させる。

 

そしてあのサイズ感。ちょうど一口におさまる大きさ。

そのおかげでネギ・トロ・海苔がいっぺんに味わえるのである。

 

巻き立てパリパリの海苔にどっさりトロ、その上にネギ。

これが最高に幸せな縮図なのである。

 

醤油はお行儀が悪くても少し多めで。

高級品としてではなくあくまでも庶民的なフードとしてバクっといただきたい。

多少ガサツなほうが美味しいのだ。

 

ああ、愛しのネギトロ。

私はいつなんどきでもネギトロを食べる用意ができている。

それくらい好きだ。

 

 

みなさんも明日はネギトロ、食べましょう。

 

 

すんません!ネギトロふたつ!

 

ハイ ネギトロ2丁~!